スポンサーサイト

--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

FRaU12月号 女のお仕事特集

18.2009
『FRaU』 12月号・「女が面白がれる仕事」という特集の、
「女の発想、着眼点が仕事を作る」という内容で、
インタビューを1ページ、掲載していただきました。

         thumb1.jpg
frau121.jpg

私がスカートを履き始めたのが、2004年。
そのときは、ズボンが常識でした。
まずはキャンプでスカートスタイルを始め、
アウトドア用スカートの経験値を重ねました。

企画書を作って、出版社へ持ち込み、
そこで小さな記事になったものをコピーして別な編集部や、
アウトドアショップの店員さんに渡して歩いたり、、、
メーカーさんに企画を持ち込んだり、、、
最初は、「アウトドアにおいてスカートなんて…」と何度も言われ続けました。


アウトドアのプロでもない、ましてやアウトドアメーカーの人間でもない、
そんな素人の自分が、アウトドアの業界に向かって発信したい!と思ったのは、
「この景色を見てほしい」そう思ったからです。

スポーツマンでもない、運動神経もない、アウトドアにまったく縁もなかった私が、
自然に触れあうことで得た言葉につくせない感動を、
ひとりでも多くの女性に、味わってほしかったから。

スカートを普及したかったのは、
伝えたい「物」ではなく、伝えたい「想い」があったから。

だからこそ、初心者の女性や、自分のように体力がない女性から、
「わずらわしさ」「おっくうさ」を取りのぞいてくれるスカートが、
「選択肢が10あったとして、今まではが全部ズボン。
でも、10の選択肢のうち、1つ、スカートになってもよいのではないか」…と思いました。

自然は命にかかわる。
スカートだと、行ける場所行けない場所があり、天候や季節も選ぶけれど、
アクティビティーによって、使い分けてもいいのではないか…と思ったんです。

大好きな自然に会いにいくのだから、
大切な人に会いにいくように…
ここぞというときの勝負服のように…
こだわりのウェアを着ることで生まれる笑顔のパワー。

ファッションということだけでは言い尽くせないものがあると思います。
自然と対峙するために、
「物」に込められた精神性も必要なのだと思います。


もしよかったら、FRaU12月号、お目にふれると嬉しいです。

スポンサーサイト

みんなのスカート学!!ホームページリニューアル!!

31.2009
じゃじゃんっ!
わたしのホームページを大大リニューアルしました!!

・私物スカート全公開(現在35着!・・・昨日さらに2着増えましたが・笑)
・各スカート分類ごとのスペック紹介
・スカート選びの注意点・工夫点
・アウトドアでスカートを使う上での注意点

などなど、、、わたしの6年間弱にわたるのスカート研究の成果を
「みんなのスカート学」(笑)と勝手に位置づけて、遂にホームページで公開!!!
、、、してみました。

  →公式ホームページ "Respect Nature+Slow Adventure"   
newhomepage2.jpg

今日の日記は、お伝えしたいことがたくさんあり、、、
ちょっと長くなりますが、ぜひ、最後までお読みいただけるとうれしいです。


実はこれまで、
登山雑誌やアウトドア雑誌などで、
スカートのメリット・デメリットを含め、
スカートの"基礎知識"をまとめてきちんと表現したい!と、何度もトライしたのですが、
なかなか誌面では、実現してもらうのが難しいという現実がありました。

今回、自身のホームページで「みんなのスカート学」として公開しよう!
と決心した理由は、わたしのブログやホームページに、みなさんから
問い合わせや「もっと知りたい!」というメールをたくさんいただくようになったからです。


もっと早く、情報をお伝えしたかったのですが、
自分でホームページを作成しているため、時間がかかってしまいました。
すみません。。。
(防寒テクニックや、アルバムなど、いくつかの項目はまだ作成途中です)
(全て自分で作っているので、お見苦しい点はご了承ください)


自分の経験がすこしでも、みなさんのヒントになればいいな…
「わたしのスカート学」がいつか「みんなのスカート学」なればいいな…
という想いで、作成しました。

どんどん山スカートが普及していくなか、、、
"アウトドア用スカート"としてはアリでも、"山スカート"としてはどうだろう?
と思うスカートが、雑誌で「山スカート」として紹介されていたり、
山には生地が薄すぎる"ランニング用スカート"が、
商品がないため、やむなく登山店で売られていたこともありました。

そういう状況を目にするたびに、
もっともっと経験に基づいた情報が必要だ…と思いました。
(余談ですが、もっと多くの商品が必要だとも感じています。
 選べるだけの品揃えがまだまだ足りないですよね。。。)


わたしの6年弱の活動範囲(平地~2900m)、わたしの経験した天候、
わたしの体型の範疇でしかありませんが、、、
【みんなのスカート学】 というページで、
その履き心地の感想なども、正直に、書かせていただきました。
それらを読んで、これからスカートを購入する際の、ご参考にしていただければと思います。
newhomepage1.jpg
スカートを取り扱うお店の方にとっても、少しでも有益な情報になれよいな…と思います。
  (それでスカートがあるお店が増えると嬉しい…♪)

たくさんの情報を出すことに躊躇する気持ちもありましたが、
スカートが女性にとっての「勇気」や「きっかけ」になれば
それだけで私は幸せです。
homepagenew6.jpg
メディアで取り上げていただく際、
いつも「単なるファッション」や「いま流行の」という捉え方をされがちなことに、
とても違和感を感じるとともに、悲しい気持ちになっていました。

ただただスカートだからって、なんでもよいわけではないし、
天候や状況にもよると思います。
当然、"おしゃれ"ならなんでもいいわけでもない。

私にとってのスカートは、「精神論(ファッション)の象徴」でもありますが、
あくまでスカートは、「便利なギア(道具)」だと捉えています。

自分にとってスカートは、単純に快適だから履いている、、という理由も大きいのです。
スカートにしたことによって、「おっくうさ」を取り除くことができ、
私にとっては、体力面でのハンディを補うアイテムとなりました。

知識と情報、そして商品さえあれば、自分で選択することができる!
「今回はズボン」、「次回はキュロット」、「今度はラップスカート」と、
状況によって使い分けることもできる!
スカートを「ギア論」として改めて展開することが、必要だと思うのです。
これによって、本当の意味での女性の【選択肢】が増えることに繋がります。


正直、わたしは、スカートでもズボンでも、どちらでもよいと思っています。
でも、やっぱり、わたしにとっては、スカートは特別なアイテム。

スカートは、
気持ちをウキウキさせてくれるもの。
homepagenew5.jpg
スカートを履くだけで、なんだか足取りが軽くなる。
自分で納得できる格好をするだけで、登山がもっと楽しいものになる。
家に帰って、山で撮ってきた自分の写真を見て、それが次への自信になる。
そうしてまた、次の山へ行きたくなる。

…スカートって、
そんな不思議なパワーを持ったアイテムだと思うんです。
わたしはそのパワーを信じて、
ひとりでも多くの女性に、自然の美しさを味わってもらいたい。

自然が好きで、山が好きで、
そんな大好きな場所にいくからこそ、
自分らしい格好がしたい、、、その想いはとても自然な流れでした。
でも、その気持ちに正直になるには勇気もいったし、
なによりもスカートという商品が圧倒的に少なかった。


そんな、私の思う、スカートの素敵さを、もっともっときちんと普及したい!
スカートでアウトドアを楽しんでもらいたい!
…そのための情報が必要だと考えています。


またスカートを履かない方達にも、
「…こういう機能があったんだ」、「だからスカートを履く人もいるんだ」と、
わたしたちがスカートを選ぶ理由を知っていただくことも大事だと思っています。


わたしもまだまだ進化中ですし、
登山に関しては修行中の身です。
ですので、当ホームページは、そのつど、変わっていく予定です。


また、私だけの情報だけでなく、
これをきっかけに、もっともっと情報が増え、
みなさんで共有できる場になることを、願っています。
(みなさん、引き続きいろいろ教えてください!)

わたしの知識をベースに、
スカートが議論され・工夫され、発展していってくれたら…と思います。

…ぜひ、ホームページ、じっくり見てみてくださいね!!
…まだまだ作成途中の部分もあるので、またの訪問お待ちしております。

ヤマケイJOY春増刊号のスカートについて

25.2009
ご質問メールを何通かいただいたので、UPします♪。

ヤマケイJOY春増刊号 の誌面で履いていたスカートは、
ニュージーランドのアウトドアブランド "moa"のもの。
09NZ1903.jpg 
材質も、もちろん化繊100%のアウトドア素材です。

どちらの色にするか悩む~。
WANAKAの小さなアウトドアSHOPで発見!!
NZっぽいデザインの布製ベルト付きに一目ぼれ!!

足を開いたり、しゃがんでみたり…とチェックします。
09NZ1905.jpg 09NZ1904.jpg
結局、カーキをセレクト。 
でも、4000円くらいだったから、もっと買ってくればよかった…。

ピンクのボタンシャツも同じく"moa"です。
 (こちらもアウトドア素材)
綺麗な色だったので、なんだか久しぶりにボタンシャツを着てみたくなりました。
09NZ1942.jpg 川沿いのトレイルを歩きながら、釣りポイントへ。

中は、半ズボンなのですが、
ラップスカート風のキュロットに見えます。
09NZ1972.jpg
 (キュロット + Skinsタイツ + Smartwoolのハイソックス)
歩くとこんな風に、スカート部分が揺れるのが◎。
 
アウトドア用スカートは、
大きくわけると3つに分類できるのですが、
(①キュロットタイプ②ラップタイプ③スカートタイプ)
登山で、森林限界を越える大きな石が多いような場所や、
頂上付近に人目の多いの山などでは、キュロットタイプのものがお勧めです。

ただ、見た目はスカートなのですが、
構造がズボンと同じなので、純粋なスカートタイプのほうが、
おトイレや着替え(体温調整の脱ぎ着)は楽だったりします。

山の高低差、人目の多さ、
スカートの素材、体型などにもよるので、
いろいろと奥が深いです。
詳しくは、トークイベントでもお話したいと思います…



ニュージーランドへ行くと、必ずアウトドアSHOP巡りをします。
09NZ1635.jpg 09NZ1928.jpg
09NZ0964.jpg 09NZ1677.jpg

09NZ1698.jpg うひょ!
両腕・背中と、色違いのボーダーの化繊アンダー。
シマシマっ娘になれます。 これぞクレイジー柄(笑)。
さすがに挑戦はできず…。
  


『WILD ROSES』~For Women By Women~
イタリアの女の子のためのアウトドアブランドだそうです。
09NZ1672.jpg 09NZ1674.jpg
色合い・デザイン・ワンポイントの刺繍、、女ゴコロをくすぐります。
でも、袖が黒なのが私的には、NG。
(黒は、害虫に刺されやすい色のため~)
こんなブランドが日本にも入ってくればいいのにな~~。


マニアックなアウトドア・セレクトSHOP.
09NZ1646.jpg 09NZ1653.jpg
KAVUの帽子を、$7(400円くらい)でGET!! うひょ~激安。
登山では汗をかいて頭が蒸れるので、
メッシュの化繊ハットは嬉しい!!


スカートスタイルを始めた6年前、
日本にまったくスカートが入荷していなくて、
こうやって海外のSHOP巡りをしたり、通販サイトを利用して、
集めたアウトドア用スカートは30着以上になりました、、、、。
(実際に使ってみて、中には失敗もあります)


スカート普及家というより、むしろアウトドアスカート研究家です。
スカートの良し悪しを、1時間は語れますので、
なんなりとご質問を(笑)!!
 HOME 

Facebook


「友達リクエスト」の「承認」は
お会いしたことのある方のみに
させていただいております
”フィード購読” を
ご利用いただけますと幸いです。

NEWS

MY BOOK

~About My Book~
ライフスタイルエッセイ発売中
cover2.png


現在、山歩きの本を
執筆しています。
cover2.png

プロフィール

四角友里 よすみゆり

Author:四角友里 よすみゆり
| アウトドアスタイル・クリエーター
| 着物着付け師
| ニュージーランドと日本で暮らしています
 
ホームページ→
 www.respect-nature.com 

My Location


10月中旬まで日本滞在です

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

EVENTS


東京(渋谷)で20人限定おしゃべり会
登山大好き委員会(東京|大阪|名古屋)
盛岡Talk Live
白馬トレッキングなど

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

四角友里's blog: Respect Nature+Slow Adventure
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。