スポンサーサイト

--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

『PEAKS・屋久島』 発売です

19.2009
『PEAKS』 ~屋久島で冒険登山~ が発売になりました。
PEAS4yakushima_20091119104459.jpg

今回、 「ふたりの屋久島」 として、
主人と私とそれぞれの視点から、ふたつの山旅を寄稿させていただきました。

森を歩くという行為を通して、人と森が、人と人が繋がる。
そんな想いを感じていただけたらと思います。

0910240042.jpg 
アリガトウ。



*********************************************
前回は晴天だったのですが、今回はずっと雨!!
0910240001.jpg

コケを伝っておちてくる水滴は、スローモーションのよう。
0910240008.jpg


0910240032.jpg

紅葉
0910240049.jpg

恐怖の丸太1本橋
0910240059.jpg


屋久島ガイド「旅樂」さん・お手製の食事
0910240071.jpg


今夜は避難小屋(石塚小屋)泊
0910250076.jpg


0910250086.jpg

0910250087.jpg

雨とダンス
0910250137.jpg

この1年、いろいろとレインギアを試してみて、
私はレインスカート(ゴアテックス)を持参することも増えました。
ですが、レインスカートは、”レインズボンの100%替わり”にはならないと思います。
レインズボンは必需品で、レインスカートは+αのアイテムだと考えています。

豪雨にならない程度の雨の場合、レインスカートも使い勝手はよいですが、
スカートスタイルの防寒着として、
またスカートでは厳しいと判断したルートに出会った場合、
レインズボンに着替えることは絶対必要なので、必ず持参します。

レインスカートを+αとして持参するように至ったのは、
私が汗かきのため、雨のなかレインズボンで長時間歩いていると、
蒸れがひどく結露となり、冷えて体力を奪われることを、なるべく避けたかったからです。
レインスカートだと、ベンチレーションがよいため、まったく蒸れません。

雨量やコースの状況によって、その都度判断し、
私は以下の組み合わせのなかから選んでいます。
(皆さまのご参考になれば)

1)小雨
上:レインジャケット  下:通常のアウトドア用スカート(撥水性がある場合)

2)中程度の雨
上:レインジャケット  下:通常のアウトドア用スカート+レインスカート+ゲイター

3)豪雨や寒いとき/雨天時や強風時の2000m以上の頂上アタックや稜線歩き
上:レインジャケット  下:通常のアウトドア用スカート+レインズボン+ゲイター

1→3いう順番で、
雨の具合やルートにより、いきなりレインズボンを履かずに、
レインスカートでワンクッション置くことにより、体力の消耗が減りました。
※状況により、あっさりとレインズボンを履くこともあります。

レインスカートは125g。
これを持つことによって装備は少しだけ重くなりますが、
レインスカートが、敷物として使えたり、
(山小屋・避難小屋でザックを置きたいときも助かる)
とっさのポンチョ代わりにもなったり、
いろいろと使い勝手がよく、使用目的が複数あるので、
持って行くことが多くなりました。

あくまで+αの感覚ですので、
私は、立体的に縫製されたレインスカートではなく、
アクシーズクインさんの長方形のレインスカートを使っています。
(かさばらず、畳やすい)

丈が長いと感じられる方も多いようですが、
着物の裾よけと同じような感覚で、着方によって長さは調整できますし、
足裁きを広げるよう台形に着用することもできます。
※筒状になってしまうと歩きずらいので、
  ヒモをループに通さず、すこし角度をつけて着用すると楽です。
※着物もそうですが、直線裁断でも、体型に合わせることは可能です。

オートキャンプやフェス、軽いハイキングなどでは、
立体的に縫製されたレインスカートだけを持参しても大丈夫かと思いますが、
山歩きの際は、あくまで「+αのアイテム」と思っています。

登山靴にくっつき一緒に歩いてくれた葉。元気をくれました。
0910250160.jpg

                               ひょえっ                        
0910250150.jpg

じゃーんぷ
0910250153.jpg

0910250167.jpg

0910250183.jpg

0910250196.jpg

0910250200.jpg

0910250206.jpg

0910250221.jpg

0910250278.jpg

0910250279.jpg

Comment

yo-
いつも楽しくブログを拝見してます。

いつか屋久島に行こうと思っていましたが写真を見てますますその気持ちが強くなりました!
来年は必ず!!

私も山スカートを愛用していますョ。
山に行く時はいつも定番スタイルだったけど・・・いろいろ選択肢が増えてますます山に行くのが楽しくなってきました!


これからもいろいろな情報発信を楽しみにしています。
2009.11.21 10:43
sayu
こんにちは!
PEAKSの四角さんとご主人の屋久島の記事、拝読いたしました。
ご主人の愛情深さに、なんか、じーんとしてしまいました。
お二人とも、本当によいお相手をみつけられて、お幸せなんですね~v-238

山って、気の合わない人と行くと、下界にいるよりも辛いものがありますけれど、
気の合う人、仲のいい人、ましてや好きな人と一緒だと、下界にいるより楽しさ倍増ですよね。
私も、好きな人と山に行き続けたいです。

あと、今年は秋冬もののスカートがいっぱい出てますよね!
私もさっそく、モンベルのキルティング地ものを購入いたしました。
腰が温かくて、家の中で着るのにもばっちり!!です。
2009.11.28 22:27

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yuriyosumi.blog42.fc2.com/tb.php/57-e5cc2424

Facebook


「友達リクエスト」の「承認」は
お会いしたことのある方のみに
させていただいております
”フィード購読” を
ご利用いただけますと幸いです。

NEWS

MY BOOK

~About My Book~
ライフスタイルエッセイ発売中
cover2.png


現在、山歩きの本を
執筆しています。
cover2.png

プロフィール

四角友里 よすみゆり

Author:四角友里 よすみゆり
| アウトドアスタイル・クリエーター
| 着物着付け師
| ニュージーランドと日本で暮らしています
 
ホームページ→
 www.respect-nature.com 

My Location


10月中旬まで日本滞在です

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

EVENTS


東京(渋谷)で20人限定おしゃべり会
登山大好き委員会(東京|大阪|名古屋)
盛岡Talk Live
白馬トレッキングなど

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

四角友里's blog: Respect Nature+Slow Adventure
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。